doctor3128_128

バイナリーオプションには勝ちやすい時間と言うものがあるのです。なぜ、「上がるか?下がるか?」の2択なのに勝ちやすい時間帯があるのでしょうか?

バイナリーオプションはレンジ相場の方が予想がしやすい

為替市場には、レンジ相場とトレンド相場というものがあります。

レンジ相場というのは、平らなチャートのことを言います。

相場の売り買いが少ないために、同じレートで多少の上下をしながら進む相場のことを言うのです。

range141119

逆にトレンド相場というのは、上がっているか?下がっているか?斜めになっているチャートのことを言います。

活発に売買が行われ、レートが乱高下しながら、どちらかの方向に進んでいる相場のことを言うのです。

trande141119

バイナリーオプションの場合は、間違えなくレンジ相場の方が勝ちやすいのです。なぜなら、数分後、数秒後の相場を予測するのにレートが乱高下している状況よりも、ある一定のレートで進んでいた方が、たまたま下がった時、たまたま上がった時にエントリーできれば、数秒後数分後に元に戻っている可能性が高いからです。

レンジ相場のバイナリーオプション攻略法

では、バイナリーオプションで勝つためには「いつがレンジ相場になりやすいのか?」ということも重要と言うことです。

バイナリーオプションが午前中・早朝に勝ちやすい理由

バイナリーオプションが午前中・早朝に勝ちやすいというのは取引量の多さに起因します。

簡単に言えば、取引が活発でない時間帯はレンジ相場になりやすいということです。

為替市場で取引の少ない時間帯というのは下記になります。

外国為替市場の時間:通常時

日本時間567891011121314151617181920212223241234
ウェリントン市場
シドニー市場
東京市場
ロンドン市場
ニューヨーク市場
相場変動
狙い目

外国為替市場の時間:サマータイム

日本時間567891011121314151617181920212223241234
ウェリントン市場
シドニー市場
東京市場
ロンドン市場
ニューヨーク市場
相場変動
狙い目

この表を見るとわかるように、最大の取引市場であるニューヨーク市場が開く22時前後、ロンドン市場が開く18時前後には取引が活発になるのです。

逆に一番取引が閑散になるのは、東京市場が開く前の7時~8時なのです。

つまり、バイナリーオプションで勝率を上げるには

早朝の7時~8時に取引するのがベスト

ということになります。

続いて狙い目なのは、ロンドン市場やニューヨーク市場が開いていない午前中です。

この時間帯をねらって、レンジ相場の攻略をすれば必然的にバイナリーオプションの勝率が上がるということです。

学校帰り、仕事帰りの深夜にばかり取引をしていて、なかなか勝率が上がらないと言う方は、7時~8時に取引をすることを試してみると良いでしょう。

まとめ

バイナリーオプションでは、朝の7時~8時が勝ちやすい時間帯です。