graphline128_128

バイナリーオプションというのは、FXと違った特徴を持っています。つまり、どんな相場でも儲けるためには、FXとバイナリーオプションを併用するという方法もあるのです。

相場によって儲けやすいトレード方法が違う

FXは相場が変動するときがチャンス

FXは相場が動いているときが大きなチャンスです。

相場の変動幅をボラリティと呼びますが、ボラリティが大きければ大きいほど、テクニカル分析で勝てる局面を予測しやすい状態が生まれるからです。

上下に変動を繰り返している中で、次の相場どうなるのか?予想しやすくなると言っていいでしょう。

また、海外FXの場合には、相場が変動した分に応じて儲けがでます。スキャルピングやデイトレードなどの短期取引の場合には、ボラリティが大きくないと儲けの金額も大きくならないのです。

FXトレーダーの中にはボラリディの大きさでトレードをする通貨ペアを決める方がいるぐらい重要な指標なのです。

バイナリーオプションは相場が動かないときもチャンス

バイナリーオプションの場合には、相場動かないときもチャンスがあるのです。

なぜなら、相場が極端に安定しているときでも、維持的にチャートの谷ができたり、山ができたりします。この瞬間に目押しでエントリーしておけば、30秒後、60秒後に元の安定した水準にレートが戻る可能性が高いからです。

目押しの技術によって、安定した相場のときの方が勝率を高くすることができるのです。

また、ワンタッチオプションという取引方法を選択すれば、ある一定のラインにタッチしないという「ノータッチ」という選択をすることもできるのです。相場が動かずに一定期間上下の水準にタッチしなければ、払い戻しされるという仕組みです。

このように相場が動かないときでも勝てるチャンスがあるのがバイナリーオプションなのです。

バイナリーオプションとFXを使い分けるという方法

前述したように

  • 相場の変動が激しい時間帯・通貨ペア → FX
  • 相場の変動がない安定した時間帯・通貨ペア → バイナリーオプション

とトレード方法を変えることでも、全体として勝率を上げることが可能になるのです。

今までは、相場が求めていた動きと合わない場合にはトレードをしないという選択をしていた方でも、状況に応じてバイナリーオプションとFXを使い分ければ、時間を無駄にすることなくトレードが可能になるのです。

バイナリーオプションとFXの併用も試す価値があると言っていいでしょう。

FXトレードをする業者選びも、レバレッジ制限のかからない海外FXがおすすめです。